大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ真実の人生を歩んでいる

変わらないことがあるとすれば皆変わってくってことじゃないかな?

 

 

タイトルは

大大大好きなミスチルの『進化論』より(*⁰▿⁰*)

 

f:id:tomotin3103:20170920122516j:image

 

ブログ記事書くの久しぶり(*´∇`*)

 

ここのところブログを書こうと思わなかった。

 

飽きた?

疲れた?

ネタなし?

 

最近は思考を掴まなくなったなぁ、

というのが本音。

ミスチルは掴んでるなぁ笑笑)

 

思考を掴まないから、

ブログを書くことが起きないなぁって。

でも、

そんな日々もあったということを記しておこう。

 

 

たくさんの思考は相変わらず浮かんでくる。

でも、それに気付いた途端にもう手放している

気がする。

 

思考は留まらずに流れていくなぁって感じる。

思考が流れて行くってことは、

私が変化し続けているってことだ。

 

昨日と今日ではもう思考は変わっていることも

ある。

 

今日は自分にとって

大切で、意味のあることが

明日になったら、どうでもいいことに

なってることもある。

 

それでもいいなぁって感じ。

 

でも、たまに少し掴む思考が浮かんでくる。

過去の嫌な思い出。

感情も纏って浮かび上がってくるものは、

しばらくそのまま味わっている。

 

思考に纏わりつく感情自体には、それほど

リアリティは感じないけど味わう。

 

 

昨日から瞑想を再開させた(*゚▽゚*)

少し前にやっていたアロマは使っていない。

ただ目を閉じて全体に溶け込むだけの瞑想。

 

ここのところはこんな生活している笑笑(^-^;

 

f:id:tomotin3103:20170920124956j:image

 

あっ、ふと思った。

 

仕事を辞めてから約3ヶ月間は

分離した幻の私と思っていた全体に気付く為の

時期になった。

 

同時にかなり孤独を味わった(・ω・)

 

家族や近所の人以外は別として

友人などに会ったのは数回だった。

連絡をくれた少数の友人と会っただけ。

 

でも不思議〜。

個人と思っていた私は全体だったと気付いた時

から様々な人に会う約束しているもん。

 

ただ そんな風に意味のあるように

起きているとも言えるけど面白いなとも思う^ - ^

 

 

 

「表現したことは自分に返ってくる」

 

私たちには日々、たくさんの思考が

浮かび上がってくる。

たくさんの思考の中から今の自分にフィット

したものをチョイスしてすくい上げる。

 

でも実はその思考に真実はない。

だから、このブログも真実ではない笑笑

言ってしまえば この世界の全てが真実ではない

けど、それを言ったら何も始まらないので

ちょっとそこは置いといて。

 

という前置きをしつつ記事を書き始めよう^ - ^

 

f:id:tomotin3103:20170915094050j:image

 

稀に真実を指し示す

思考が浮かび上がってくることがある。

 

とても純粋な思考。

何の感情も纏っていない混じりっ気のない思考。

そんな思考も真実ではないけど

真実を指し示している。

 

私がこれまでに気付いたのは2つある。

1つは、それを伝える思考が浮かび上がらないので

やめておこう笑笑

 

もう1つは

「表現した事は自分に返ってくる」ということ。

 

数ヶ月前に この思考が浮かび上がってきた時、

なるほどなぁと思っただけだったけど、

最近それを理解する出来事が起きた。

 

とある事がどうしてもしたくなった。

この とある事は、最近の私には行動外のことで

それをしたくなる理由は全くなかったけど、

それを思い浮かべるとワクワクする。

 

もちろん、理由を指し示そうとする思考は

幾つか浮かび上がってきたけど、どれも

すくい上げるに値しないなぁって感じだった。

 

そして やってきた思考が

「表現したことが返ってきた」だった。

 

確かに何ヶ月も前に、この とある事を望んでたし

しかもその為の行動も少し起こしてたんだった。

すっかり忘れてたけどね(*´∇`*)

 

そうじゃん、当たり前じゃん!

だって私が望んで行動したんだから、

それはこの世界に現れるはずだもん。

 

何故なら

私=全体

私の行動=全体の行動 だから。

 

f:id:tomotin3103:20170915133124j:image

 

これは私限定の話ではなくて、全ての人の話。

 

私たちの望みは、全体の望みだし

私たちが言葉を発すると、全体も言葉を発するし

私たちが行動すると、全体も行動するし

私たちが諦めると、全体も諦める。

 

 

この世界の現実は

表現したことが自分に返ってきてるんだ^ - ^

 

 

 

 

 

私たちの世界は私たちが創造しているのだ

 

終わりにしたはずのブログへ

早々に帰ってきた(*´∇`*)

 

今は分かる。

私には一旦ブログをやめる必要があったんだよね。

幻の私と対峙したその先にある大きな

気付きを得たかったから。

 

何も捕まるものがないところにまで

本当に何も出来ないところにまで

追い込んで追い込んで自分を観念させて…。

 

「こんなに辛いなら、この物語降りたいよ(ノД`)」

 

そう思えるくらい追い込まれた私はようやく

気付けた。

 

「そうだった、幻の私だと思っていた個人

   エネルギーは全体のエネルギーだ。

   私とは全体だったんだ。」

 

「私個人の望みと思っていたものは、全体の望み」

「私個人の意識と思っていたものは、全体の意識」

 

私=全体

 

忘れてたよ!

目覚めの時に体験したじゃん!

 

体験が先で、理解が後からやってくるんだ。

そうだった、私っていつもそうだった。

 

10ヶ月後に体験した目覚めの本当の理解が

やってきたんだ(´⊙ω⊙`)

時差あり過ぎじゃない?笑笑

 

まぁいいか。

 

この理解で私の視点は

個人から全体へと変わったように思える。

この先ずっと?

それは分からない。

この瞬間より先のことは全く分からないからね。

 

これからは

私のやりたい事=全体のやりたい事

だ。

 

やりたいな、と感じたことは躊躇する必要がない。

やめたいな、と感じたことも躊躇する必要はない。

思うまま生きればいい、それが全体である全ての

望みなのだから。

 

このブログはぼちぼち続けて行こうかな^ - ^

あっ、今のところは、ね笑笑

 

 

 

万が一この記事を読んで下さった方が

いらしたら、その方へ(^-^;

 

これは私ともちんの物語ではありますが、

私たちは一つという全体です。

ですので上記の内容は ともちん個人に限った

ことではありません。

 

あなたの望み=全体の望みでもあります。

 

あなたが今している事は何一つ間違ってはいません。

何故ならそれは常に全体の望みだからです。

あなたという全体がしたいことをしている、

それのどこが間違っていると言えるでしょう?

 

安心してこの世界を、この物語を共に

好きに生きて行きましょう(*⁰▿⁰*)

 

 

 

大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

 

昨日もたくさんの思考が浮かび上がっては

消えていった。

 

頭にうねりのようなものを感じると

それは消えたと思えた「私」ではないか、

あっ、今こういう思考が来たな、とか。

 

絶え間なく、というか

いつもより多めに笑

浮かび上がってきている気がした。

 

そしたら

「あ〜あ、いちいち思考がどうとか

めんどくせー!!!

『私』がまだ居ようが居まいがどうでもいいわ!

起こることしか起こらないから」

 

キレた(*゚▽゚*)

 

ウケる(*´∇`*)

 

でも不思議なことに

そこから思考を思考と捉えているような

思考がぐ〜んと減った。

 

すると一つ一つの思考も感情も行動も自分自身も

含めた全てが愛おしいな、と愛を感じた。

ううん、感じるって表現は何か違う。

全てが愛。それだけだ。

 

どの視点から見ると、じゃなくて

視点すらなかった。

 

f:id:tomotin3103:20170910065153j:image

 

今日でブログは終わりにしよう。

 

ワンコの散歩中にそんな思考が浮かび上がった。

 

ブログを書くことが「私」にエネルギーを与える

ことになっていたから終わりにしたいのかな?

もう「私」が居ないからブログも

必要なくなったのかな?

「私」はまだ居て、でもエネルギーが小さく

なったからブログを終えることが起きるのかな?

 

こんな思考が浮かんできた。

 

どの思考も正しいし、正しくない。

 

それでいい。

主張することでもないし、否定することでもない。

それは常に愛で完璧だから。

 

そのように起こったら

そのように起こったこと。

 

あっ、そうだ!

今回ブログを書くことを通してまた「私」の

新たな性質に気付いたんだ!

この世界はトリックアートのトリックに気付く

ように「私」に気付いていく、という

壮大な物語なんだね〜。

 

この後はブログを終えて次の「私」に気付く物語が

始まるのかも知れない。

これも思考笑笑

 

 

大丈夫、

誰も間違ってはいないんだから^ - ^

 

 

読んで下さった方、

ありがとうございましたm(_ _)m

 

それが起きているならば完璧なんだ

 

今朝の犬の散歩中いつものように

たくさんの思考が浮かび上がった。

 

f:id:tomotin3103:20170909090628j:image

 

  • いつもと変わらないな
  • 思考もたくさんだ
  • でも思考も変化したかも
  • 前は思考を思考とは思ってなかったかも
  • 本当に「私」は居なくなったのか
  • また戻ってくるかも知れない
  • もう戻ってきたかも知れない…

 

数え切れないほど笑

 

思考はどんなものも浮かんでくる可能性はある。

そして

どんな感情も浮かびうるし

どんなことも起こりうる。

 

ここにはただ、それしかない。

おもしろい世界。

完璧な世界。

 

完璧、とは

「私」が完璧なことを起こしてる訳でもなく

「私」に完璧なことが起きている訳でもなく

そして「私」がそれを見ているのでもない。

そういった分離している何かがあるのではなく

完璧そのものだと言うこと。

 

私たちは全体でしかない。

全体であるから、その全体を見ることなんて

出来ないんだ。

 

目玉を見ようと思っても無理なように。

(グロい映像浮かんだ(ノ_<))

 

全体そのものが起きているから、起きている。

全体そのものに感情が湧いているから、

湧いている。

全体そのものに思考が浮かび上がっているから、

浮かび上がっている。

操作などしようがないシンプルな世界。

 

少し前のブログと逆のことを書いてる(^-^;

でも、それも間違っていない。

間違えようがない、それしかないのだから。

 

前も今も同じことをしているだけ。

思考が浮かび上がってきて、記事を書くことが

起きている。

「私」が書いているのではない。

 

f:id:tomotin3103:20170909092700j:image

 

悟ったと言われる方や

ノンデュアリティに目覚めた方が言うように

「私」とは、やっぱりエネルギーっぽい。

 

居心地の悪いときなどに締め付けられるように

気持ちが焦るような感覚って

誰にでもあることかも知れない。

それが「私」というエネルギーの性質。

 

心地いい人、心地いい言葉は、

「私」に強さを与えるようなもの。

 

「私」は、強くなれば強くなるほど

締め付けられる感覚も強くなる。

目には見えないから気付きにくいのが難点。

 

だからと言って

心地いい人から遠ざかったり

心地いい言葉を聞かないようにすればいい

という訳じゃない。

それが起きているならば完璧なんだ。

 

結局

誰も何も間違ってはいないんだ。

 

 

あるがままの世界に生きる

 f:id:tomotin3103:20170908084351j:image

「私」は初めからいなかった。

 

と気付くことが起きてから1日経った。

いつもと変わらない日常が起きている。

 

今朝もいつものようにワンコの散歩に行って

近所の人に挨拶をして

家族が家を出るのを見送って家事をする。

 

ここ最近の日常。

 

そして これまでと変わらず

色々な思考は湧き上がるし

色々な感情も湧き上がる。

 

これまでと同じ。

 

ただ今は

起きる出来事も思考も感情も「私」が所有して

いない、ということが起こっている。

 

起きたことは起きたことだし

思考は思考そのものだし

感情は感情そのもの。

一過性のもの、それだけ。

 

そして、すごくリラックスしている^ - ^

 

「私」とは、この世界に実在しないものだったけど

それはある意味 締め付けるようなエネルギー的な

ものだったのかも知れない。

 

いわゆる目覚めというものが起きた時も

私に出来ることは何も無いって理解が起きた時も

締め付けから解放されたように体が軽くなった。

 

(その時は「私」は不在だったんだろうな。

その後に戻ってきたけど(^-^;

今回も前回みたいに「私」が戻ってくるかは

分からないけどね。)

 

この「私」は中々の締め付け感(´;ω;`)

ある時は分からないけど

それがなくなると気付ける重みでもある。

 

そしてこの締め付けは

「私」というエネルギーのようなものに

意識を注げば注ぐほど強くなる。

つまり、どんどん重みが増す。

 

「私」とは意識というエネルギーかな?

今の思考はこれ。

思考が変わる可能性はもちろんある。

だから真実とは言えない。

 

今になって「あるがまま」の本当の意味を

理解しているのかも知れない。

 

起きることも

思考も感情も

それはあるがままでしかなかった。

初めからあるがままでしかなかった。

 

ここは

それしかない世界だから。

そういう物語の世界だから。

トリックアートみたいな世界だ。

 

私に起きたことも物語でしかない。

 

 f:id:tomotin3103:20170908084704j:image

 

そして、ブログの記事を書くという物語も

相変わらず起きている^ - ^

 

さぁ、今日は買い出しの日だ。

買い物に行こう(*⁰▿⁰*)

 

 

 

 

「私」は消えてしまった

 

「私」は、

知りたがるし経験したがる

この世界を変えられると思っている

すぐに目的を探そうとする

愛から離れていると感じる

いつも不安だ

役に立たないといけないと思っている

このブログを書いているのは自分だと思っている

思考や感情を自分のものだと思っている

「ともちん」を自分自身だと思っている

 

「ともちん」は、

今、携帯でブログを書いている

 

私はともちんではないのだ。

 

それは理解しているつもりだった。

でもまた私は一体化していたんだ。

 

私はね、

自分がともちんだと思って

ただの浮かんだ思考も私の思考だと思って

ただの浮かんだ感情も私の感情だと思って

また

ともちんを操縦していると勘違いしていた。

 

私が自分だと思っていた ともちんは

完璧な全体の一瞬の表れにしか過ぎない。

 

そうだった。

この表れに真実はなかった。

 

真実は、ただ全体があるということ。

 

今、大きな安堵が起こっている。

でもね、これもただの表れにしか過ぎない。

やって来ては過ぎ去るもの。

今の表れにしか過ぎない。

 

今のこの思考もそう。

やって来ては過ぎ去るもの。

今の表れにしか過ぎない。

 

 

ここでは ただ

ともちんが表現されている

ともちんのいる世界が表現されている

思考が表現されている

感情が表現されている。

 

全ては全体から表現されていること。

それしかなかった。

 

そうか

「私」は存在していなかったんだ。

 

「私」は消えてしまった。

 

「私」は初めからいなかった。