大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ夢の中の人生を歩んでいる

言葉の中に「これ」は無いのだ!

 

お久しぶりのブログ^ - ^

 

最後のブログを書こうって思い付いてから

何だかんだと何度も書き綴ろうとしては

消して、を繰り返すこと数日(@_@)

 

この数日、色んな言葉は山ほど浮かんで来たし

これまでにも色んな言葉を綴ってきた。

 

今は何らかの言葉が浮かんできて、

それを捉えると逆の側面の言葉が程なくして

出てくる。

そうやって言葉は打ち消されて真実では

なくなる。

 

難しい言葉を書き連ねてみたりもしたけど

結局シンプルなところに落ち着いてしまう。

 

『個人の私=全体=今』

 

f:id:tomotin3103:20171221084714j:image

 

これなんだ、

これ。

 

「これ」を色んな言葉という視点で見ることは

できるけど、あくまで視点なんだ。

沢山の言葉という視点を拾うのも結果的には

アリだろうけど、

私的には、いきなり「これ」って直球もアリだ

^ - ^

 

何故なら 

言葉の中に真実があると捉えると、

「これ」は見つからなくて、

言葉の中には真実がないと心底痛感した時に、

「これ」は見つかるから。

 

「これ」とは そんなシンプルなことだから

「これ」だけでいい。

「これ」以外は分からないことばっかり。

でも分からないままでもいい。

 

こんな私って、

どうしようもなく おバカさんだなぁって

思うけど

それが自然体で自分らしく生きられることだ

とも思う。

 

だから私は私自身が、全体が、今が、

(つまり「これ」が)とっても愛おしい。

「何言ってるんだ、変なヤツ〜」って誰かに

笑われても構わないくらいにね^ - ^

 

おバカな私にとって

今という当たり前のような日常は、

同時に奇跡の瞬間でもある。

 

奇跡は毎日誰にでも起こっている。

あなたもいて私もいて今がある「これ」が

奇跡。

 

そして「これ」とは

お湯のように温かくて

ここにいるだけで、ただただ満たされている、

言葉を超えた存在そのものでした^ - ^

 

 

結局

「これ」が私の探求してきたもの。

「これ」以上も以下もなく、そのもの。

 

 

「これ」以外、もう私からは出てこないと

気付いたので、

「これ」のことを書くブログは今回で終わりに

しようと思っています。

もちろん今より先のことは分からないので

ひょっとしてまた書いちゃうかも知れないけど

(笑)

今回は最後のつもりで書きました^ - ^

 

 

読んでいただいて

本当にありがとうございましたm(_ _)m