大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ真実の人生を歩んでいる

悟った人は いるし、いない

 

昼間はなんとか晴れたお陰で

たくさんの洗濯物が乾いた〜^ - ^

洗濯物がたまっていたから

助かったぁ(*^_^*)

 

f:id:tomotin3103:20171018112201j:image

 

人は、

自分のフィルターを通して世界を見ている。

このフィルターは

マインドとも言えるし思い込みとも言えるし

意識とも言える。

 

それぞれの人が、それぞれの人のフィルター

越しの世界が真実だと思っている。

皆んなそう。

それがその人のキャラクターでもあるし

役割でもある。

 

側からみて いわゆる悟ったとされる人も、

その人の真実のフィルターを通して

この世界を見ている。

例えばそれが『悟っている人はいない』という

フィルターだったとする。

 

一方で悟ったとされる人を見ている人も、

その人の真実のフィルターを通して

その人を見ている。

こちらの人は『悟っている人はいる』という

フィルターで見ている。

 

見え方は違っても

どちらもその人にとっての真実のフィルターで

あることには変わりない。

 

だから私は

悟った人は いるし、いない。と思う。

 

f:id:tomotin3103:20171018140441j:image

 

幽霊を信じる信じないも

UFOを信じる信じないも

占いを信じる信じないも

ただのフィルター違いなだけだと思う。

 

同じ事実を経験していても

フィルターが違えば世界の見方はそれぞれ。

 

他の人と自分のフィルターが違うのは

仕方ないのだ。

しかも そのフィルターは支給制(@_@)

いつ何処で誰にどのフィルターが

支給されるかは分からないし、

決められないのだ。

 

明日どんなフィルターで自分が世界を見ることに

なるのか誰も分からない。

誰もがそうなんだ。

 

だから

自分の真実のフィルターを誰かに理解して

もらえなくても仕方ない。

 

誰かのフィルターから どんな風に自分の表現が

見えていても仕方ない。

気になってしまうものだけどね。 

 

自分の表現を誰がどんなフィルターで

見ていても、それは間違っていない。

 

 

以上

私のフィルターの話でした(*´∇`*)

 

 

 

 

 

変わらないっていう落ち着き

 

昨日は娘の用事で京都まで車を走らせた。

せっかくだから少〜し京都の街を歩いて

雰囲気を味わって帰ってきた。

楽しかった^ - ^

 

f:id:tomotin3103:20171017155658j:image

 

落ち着いた。

 

目覚めというか見破りの瞬間から約1年 。

もっと長かったような

もっと短かったようこの1年は、

まさに変化の年だった。

 

私にとって大きな気付きも多かったし

環境も大きく変わったりもした。

 

そんな変化もようやく落ち着いた感じがする。

 

うん?

 

違うか。

私は変わってなかったって気付いたんだ^ - ^

 

1年前も今も変わらず「ともちん」の人生が

ここにある、何も変わっていない。

 

そのことに気付いた落ち着きなんだと思う。

 

今は、

変わりたいとか変わらなきゃいけないとか

そんな意味合いのマインドは不思議と

出てこない。

 

個人の変化を意識するというより、

大きな流れの中に私がいるイメージ。

それが落ち着きの感覚なのかな。

 

つい最近旦那が

我が家の通帳に残高ある?大丈夫?って

心配しながら聞いてきた。

 

実際のところ心配ないから

大丈夫だよって伝えたんだけど、

そんなありきたりな会話にハッとした。

 

旦那の言葉というよりも

その言葉を聞いた時の自分の望みに。

 

心配させない位の収入を得て、

旦那に安心してもらいたいなぁっていう

自分の望みに気付いて。

 

あぁ、なるほど。

私は社会に出る、いや戻る?流れが

やって来たのか!って。

 

f:id:tomotin3103:20171017171312j:image

 

側から見ると、

何かを言われたら、それに対して何かを思う。

そんなの当たり前じゃんって言われるかも

知れない。

 

でも私の見方は、

浮かんできたマインドを自分の望みとして

掴んだのを感じると、そこに流れがあるのが

分かる。

今回は社会で役割があるんだなってこと。

 

 

そんでもって続き。

社会での役割があるのか〜、そうかぁ

なんて思っていたら、

ついさっきまで通帳残高の心配をしていた旦那が

もっと良いもの買っていいよ、買いなよ。

だって(・Д・)

 

面白い(*´∇`*)

 

こうやって皆んな

色んな役割を果たしていくんだね。

 

 

 

 

本当の意味での癒し

 f:id:tomotin3103:20171015114500j:image

 

たくさんの悩みとか苦しみとかがあって、

出来るだけそういうことから

遠ざかった人生を送りたいって思っていた。

 

楽しいことや好きなこと、 ワクワクすることを

して苦しみから少しの間離れてみる。

 

幾分か癒されてリフレッシュをして

またしばらくの間苦しみを我慢する。

苦しみの原因を突き止めて排除することも

してきた。

 

そんな生活が当たり前だと思っていた。

周りもみんなそうやって生きていたしね。

ほんの少しの癒しはキラキラしていて

私にとって重要なことや物だった。

 

そんな中

癒しの1つとしてアロマを知った。

すっかりハマって資格を取り、自宅で

アロマリラクゼーションサロンを始めた。

 

お客さんにとってサロンのトリートメントは

癒しの1つだ。

日々の生活で疲れたり苦しんだりした心身を

トリートメントで癒してもらう。

その繰り返しの日々。

そんな仕事にやり甲斐を感じていたし、

何より楽しかった。

 

でも違和感を感じ始めた。

間違っていることをしている訳ではないけど

何かが違う。

癒しって本当にこれ?

きっと違う、

もっと絶対的な本当の癒しがあるはず。

そんな衝動に駆られて、本当のことを

知りたくて知りたくて仕方なくて、

求めていった。

 

紆余曲折しながら辿り着いた答えは、

変わらず自分のしたいことをその都度

し続けている私がいるだけだった。

私は私のままでいいのだ、

私は私のままでしかないのだ、

というものだった。

その私とは、個人の私ではなく全体という

全てだった。

 

f:id:tomotin3103:20171015171129j:image

 

私が答えへ辿り着くまでの道のりは

『苦しみから逃れる為にしていることを止める』

ことだった。

 

苦しみから解放される為に、真実を知る為に

誰かに教わった何かを掴んだけど

それでは解放されなかった。

 

最終的にそれらを全て手放した時

幻想の自分を手放せた。

 

個人の私が人生をコントロールしている幻想から

目が覚めたとき、というか見破ったときは

個人としての私が一度死を迎えて生まれ変わる

ようなものでもあった。

存在すると信じて疑わないもしなかったことが

存在しなかったなんて、認識が大きく

ひっくり返されるせいかも知れない。

 

個人を手放した先に待っていたのは

生まれ変わりのようでもあり、

再生のようでもある

私の人生を丸ごと引き受けることだった。

感情や自分が無くなる訳ではない。

それらも私の性格も役割も含めた人生そのものを

引き受けることだった。

 

 

そしてそれが

私の求めていた本当の癒しだった。

 

 

私たちは全体そのもの。

この世界にそれぞれとして現れている全体。

それぞれの性格や役割を持って現れている。

 

全ての人がそうであるように私にも役割が

あるんだと思う。

このブログを書くことも役割の1つ。

 

このメッセージを読んで何かを感じたり

行動を起こしたりする役割の方もいる。

どんなことかは重要じゃない、

何かがあればいい、と思う。

それがお互いの役割だから^ - ^

 

 

長文になっちゃった( ̄▽ ̄;)

 

お疲れ様でしたm(_ _)m

 

 

 

 

マインドだとしたら?

 

ふと

探求が終わったときのことを思い出した。

 

f:id:tomotin3103:20171013150024j:image

 

目覚めと言われることが起きた数ヶ月後に

それは起こったんだけど、

その時に『それは完璧な旅路だったけれど

探求の旅路なんて初めから無かった』

とも気付いた。

 

私は長い完璧な旅路を辿ったけれども

その長い旅路なんてものは無かった。

スタート地点に立っていたままだった。

 

そのことの理解が昨日起きたように思える。

探求の旅路で何かを得たように思い込んでいる

自分に気付いたから。

 

いやいや、

旅路の前と後の私は何ら変わりのないまんま。

 

一生懸命に瞑想したりアロマを使ったり

なんだかんだと、あれをしたりこれをしたり

だったけど結局私は私のまんまでしか

なかったということ。

 

これまでと同じように日々色んなマインドや

感情が湧き上がってくること、

それらに気付いたり味わうことで人生が

変わっていくこと、

その全ては実は個人の意思ではなく完璧に

為されていること、

完璧な物語は気付いた後も続くこと…。

もちろんこのブログも完璧な物語。

それを承知で続きを書きます^_^;

 

全部「ともちん」が産まれてからも今も何にも

変わっていない。

マインドをどうにかする必要も

感情をどうにかする必要もないし

善い悪いと傾いても構わない。

 

私の物語では、探求という旅路で瞑想や

アロマの所へ行ったけど、結局どこかへ行く

必要は必ずしも無いんだと思う。

どこかへ行かない物語の人もいるんだろう

なぁって。

 

だって私の旅路が終わった時、

私はスタート地点に立っていたから。

 

f:id:tomotin3103:20171013150121j:image

 

『個別の独立した1人の人間で人生を

コントロールしている』自分がいるってことは

マインドが教えてくれている事だけど、

マインドは日々変わるもの。

私はブログを書いてみて分かった。

マインドは、本当に日々変わって行く。

同じマインドが何度も出てくる時もある。

 

何度も掴む同じマインドは

これは変わらない大切な真実だよって

自分に強く実感させる。

 

今、大切な真実だと思っているものが、

『個別の独立した1人の人間で人生を

コントロールしている』自分が

存在する体(てい)のマインドだとしたら?

 

 

 

 

変わらない真実、の続き(^-^;

 

1つ前のブログ記事で

変わらない真実を1つ挙げたけど

今、お風呂に入ってたら

もう一つ出てきたじゃ〜ん!って

ことで追加記事(*´∀`*)

 

f:id:tomotin3103:20171012184759j:image

 

何度もこのブログに書いているけど

『表現したことは自分に返ってくる』

 

今、お風呂に入ってたら

今日感じたプリプリの感情を

私が表現した時のことが浮かんだ。

思い出した。

 

そうだ、あれが返ってきたんだ(^-^;

私の拡げた波紋が戻ってきたのね。

隣の方、役割を果たしてくれてありがとう。

 

でもさ、私

もっと優しい表現で波紋を拡げて

優しい波紋が返ってきて欲しいって思った。

 

思いに気付いて、ハッとした(´⊙ω⊙`)

 

あれ?私

『善い』『悪い』に傾くことを自分に許可してる?

 

いや、ずっと

『善い』『悪い』って傾いていたけど

気付かなかっただけか。

 

『善い』『悪い』に傾くのが『悪い』

って方に傾いていたんだ。

 

あはは、バカだね〜私( ̄(工) ̄)

 

これまで思考だと思っていたものを最近

マインドと気付いた。

 

方向性を持っていて、感情を纏っているものが

マインドだ。

方向性とは

その名の通りどちらかに傾くことだもんね。

偏ることだし集中することだ。

 

感情だってそう。

喜んだり悲しんだりどちらかに傾くことだもんね。

当たり前だ笑笑

 

そんなマインドや感情は生きている限り

なくならないって、受け入れた。
きっとその頃からかな
あっ、もう少し前だ。
「ともちん」の人生を引き受けてから
受け入れられなかった傾くことを
受け入れられるようになったんだと思う。

 

f:id:tomotin3103:20171012184822g:image

 

探求の途中で

物事を『善い悪い』と傾くことに疑問を感じ始めて

目覚めたときに全ては全体の現れである物事は

『善い悪い』で傾くことが出来ないんだと

知ったけど、そこに囚われていた。

傾いちゃいけないんだ!ってなってた。

 

だから

傾いている自分に気付かなかったんだ笑

 

でも

気付けた今は全然傾くことに抵抗がないぞ。

 

私は今

『個人の私が人生をコントロールしているという

幻想から目覚めると全体がコントロールしている

私の人生を引き受けられるようになる』

 『表現したことは自分に返ってくる』

 

この2つが大事で

この2つに集中していきたいし

この2つに傾きまくってる〜(*^_^*)

 

 

 

 

変わらない真実

 

ようやく見つけた宝物のような真実は

この瞬間の自分の経験だった。

 

f:id:tomotin3103:20171012143122j:image

 

瞬間瞬間の自分のすべての経験が真実。

瞬間瞬間の経験だから、それは変わるもの。

ということは真実はその都度変わるもの。

 

でも最近

変わらない真実がある。

 

今日もしみじみと感じた。

本当、すぐにここに戻っちゃう。

 

『個人の私が人生をコントロールしているという

幻想から目覚めると全体がコントロールしている

私の人生を引き受けられるようになる』

ということ。

 

真実である私の経験とは瞬間瞬間のものだから

日々変わっていく。

くどいけど(^-^;

 

だったら、この真実も変わってもいいもの

なんだけど今のところ変わらず真実なのは

すぐにこの真実に戻ってしまうから。

何度もこれを私が経験するから。

 

だから

変わらず真実なんだと思う。

いや、変わらずではなくて

その都度 経験しているってことなんだと思う。

 

私は「ともちん」の人生を引き受けているから

「ともちん」のマインドが拡がる世界で

生きているし、マインドに付随する感情も

存分にしっかりと味わっている。

 

今朝も味わった。

隣に住んでいる方に腹が立った。

キィ〜‼︎ってなって、色んなマインドと感情が

湧いてきて、どっぷり浸かっていた(*´Д`*)

 

その時は「ともちん」と一体化していた。

今思うと取り憑かれたようにプンプンしてたけど

味わい尽くすと忘れちゃってまた例の場所に

戻る。

そんでまたあれを経験する。

 

f:id:tomotin3103:20171012143951j:image

 

この世界という「ともちん」のマインドも感情も

基本的には流れるように変化して行っている。

 

さっきまで浮かんできていたはずのマインドも

取り憑かれたいたようにプンプンしていた

感情すら今ではよく思い出せないくらい、

その瞬間に感じるだけのもの。

 

瞬間瞬間に生きていることを実感する。

 

そんな中

何度も経験するこの感覚だったり

何度も掴むこのマインドが

これは変わらない大切な真実だよって

私に強く実感させている ^ - ^

 

 

 

 

コントロールってさ

 

今朝のブログ記事で

思考もマインドも創造も

私たちにはコントロール出来ないって書いた。

 

面白い(*´Д`*)

 

だって、

マインドによって創造が為されているって

分かっているのに

表現したことは自分に返ってくるって

分かっているのに

それもコントロール出来ないんだもん。

 

この↑『分かった』すらコントロール出来て

いないことなんだ。

 

面白い(*´Д`*)

 

f:id:tomotin3103:20171010163116j:image

 

でも

コントロールを手放した今だから面白いなんて

思えるけど、少し前まで手放すことは恐怖で

しかなかった。

 

私は人生の舵を握っている!って

私が人生を創造している!って

私自身を掴んでた。

手放さないように掴みまくっていた。

 

コントロールを手放すことなんて

お先真っ暗に思えたもんね。

人生をコントロール出来ない私になったら

無気力無秩序な人生を歩んでいくんじゃない

か、とか思っちゃってた頃もあったし。

 

でも面白いことにそうじゃなかった。

 

コントロールを手放すことは私にとって

リラックスした自然な状態だった。

 

人からどう思われるかの心配は必要ないことと

分かった。明日 起ることへの心配も同じだ。

 

でもそれは

廃人のように何もせずに毎日を過ごすこと

ではなくて、私のやりたい事に抵抗せずに

それらをすること。

 

マインドの持つ方向性や感情は憎むべきものでは

なくて、それは受け止めるものになった。

感情によっては落ち込むような行動が起きたり

体もそのように反応する。

でもそれが終わるとすぐ忘れる。

 

体は感覚を伝達してくれる凄いものだと

思うようになって、大切に扱うようになった。

 

私という人生を引き受けた。

引き受けるということは、

起ることに責任を持つことだった。

つまり、人生に責任を持つようになった。

 

f:id:tomotin3103:20171010163346j:image

 

って、

色々と堅苦しく書いちゃったけど

大まかに言うと深刻さがさほど無い感じ。

ゆるゆるしてる感じ(*´∀`*)