大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ真実の人生を歩んでいる

マッサージチェアがやってきた法則①

 

最近

オシャレで

あんまり大きくなくて

部屋の雰囲気に合うベージュ系の

マッサージチェアが欲しくなった。

 

f:id:tomotin3103:20170806125936j:image

 

私は本当は

足を伸ばせられる1人がけのソファが欲しくて

旦那と娘はマッサージを必要としてた。

 

なんちゃってアロマセラピストの私は

アロマトリートメントを旦那と娘にちょくちょく

する。

でも毎日はね…。

現在無職とは言えど体がキツい(ノД`)

それにオイル代も結構かかってキツい。

 

そんな話を旦那としてて

だったらマッサージチェアを買っちゃおうかって

ことになった。

 

私は

オシャレで

あんまり大きくなくて

部屋の雰囲気に合うベージュ系の

マッサージチェアが欲しかった。

 

できるだけ安く、ね(*゚▽゚*)

 

先週ワンコの散歩中

家から歩いて5分ほどの近所にある

リサイクルショップのショーウィンドウに目が溜まった。

 

まさに

オシャレで

あんまり大きくなくて

部屋の雰囲気に合うベージュ系の

マッサージチェアが置いてあった(´⊙ω⊙`)

 

お店の中に入って見たい〜と思ったけど

ワンコの散歩中だし、まだ朝の6時でお店は開いてないし笑

一旦家に帰って午後から出直す。

 

f:id:tomotin3103:20170806130451j:image

 

実際に見ると

めっちゃオシャレで素敵〜。

頭の中で部屋に置くイメージする。

うん、いいね。

 

6年前のもので中古の割にキレイなマッサージチェア

どうやらそこのお店の店長の私物で

あまり使ってなかったという。

 

値段の相場とかは分からないけど

私のにとってみたら破格の値段だった。

 

昨日

旦那と再来店して動作を確認。

うん、問題ないらしい。

おまけにもう少し安くしてもらえた^ - ^

 

もう買いでしょ。

 

まだ我が家に来て

1日のマッサージチェアだけど

家族4人でフル稼働。

大活躍してます。

 

さて、

これがちょうど1週間の間に起こった出来事。

この後が

本当に書きたかったことなんだけど

長くなっちゃった。

 

続きは明日にしよう

 

 

 

 

 

 

人間は個性で出来ているのだ!

 

「思い込み」という言葉に違和感を感じるように

なってきた。

つい最近まで何の疑問もなく使ってきた言葉

「思い込み」

 

f:id:tomotin3103:20170805092948j:image

 


瞑想の先生が言っていた。

私たちは思い込みで出来ている。

苦しみの原因も思い込み。

そして思い込みは手放すものだって。

 

うん、確かにそうだ。

思い込みは、それに気付いて手放そう。

 

そうやって意識が変わっていくのが人生だ。

 

確かにそう。

その認識は変わらない。

変わらないけど、

今日は「思い込み」という言葉に違和感がある。

 

「思い込み」って言うと

何だか要らないものみたいに思える。

全てが要らない訳ないのにって思える。

 

そうか、

私自身が

「思い込み」を手放さなくてはいけないものと

思い込んでいんだ(´⊙ω⊙`)

 

手放したくない、とっても愛おしい思い込み

だってたくさんあるよ。

その愛おしい思い込みは、私の生きる原動力だよ。

私が私らしく生きるために必要だよ。

 

私の中で今

これまで「思い込み」と思っていたものは

「個性」に変わった。

手放しても、手放さなくても

どっちでもいい^ - ^

 

 

f:id:tomotin3103:20170805093949j:image

 

私は個性で出来ている。

私はユニークな存在だ。

 

人間は個性で出来ている。

人間はユニークな存在だ。

 

うん、しっくりくる^ - ^

 

 

 

目にうつる全てのことは メッセージ

 

ユーミンさん、

今朝この言葉が浮かびましたので

拝借しましたm(_ _)m

 

f:id:tomotin3103:20170804105929j:image

 

 今朝、

ここ数日のモヤモヤが吹き飛んだ。

 

私の真実を綴るために始めたこのブログ。

続けるうちに、

誰かが読んでくれる気配を感じるうちに、

初めの思いと離れていっていた。

 

もっと読まれるようには どうしたらいいか。

SNSを使おうか…。

ネットで情報を探したりしていた。

 

今は分かる、

いつの間にか

「書くため」→「読まれるため」に

シフトしようとしていたこと。

 

昨日までは、

何か違うとは思っていたけど、

ハッキリとは分からず

自分の行動にモヤモヤしていた。

 

そして

私に出来ることはそのモヤモヤを味わうことだと

思ったのでひたすら味わっていた。

 

f:id:tomotin3103:20170804112509j:image

 

 

今朝、何となく自分のブログを読み返してハッとした。

読まれるために、と書いていたブログは、

自分へのメッセージじゃん!

 

しかもブログで散々

目の前に拡がる光景は、私が意識したもの

なんて言ってるじゃん!

私の書いているブログも一緒だ。

 

全部の記事が

自分へのメッセージだった(´⊙ω⊙`)

 

特に前回アップしたこの記事は

今の私へのメッセージだと気付いた。

そうだ、

私は ただ表現したいだけ。

それだけだったんだ。

 

ブログを始めるにあたって、

自分の真実を綴るだけなら日記でもいい。

なぜブログ?

そう思った事もあるし、聞かれた事もある。

何となく 誰かもためになればいいかな?

と思っていたけど、今は違う。

 

ブログという

「誰かに読まれる」という可能性のある環境で、

「自分を自由に表現することが出来る」ということに

意義を感じているからだ。

今はここに着地した。

 

 

私は

私らしく

ただ無心で表現する。

 

やっぱり表現とは、とってもシンプルだ^ - ^

 

 

 

成功とは、自分の枠を超えて表現ができた時

 

もっともっと自分を表現したい。

私にできることを最大限表現したい。

いや、最大限じゃ足りない。

私が思っている自分を、

私が枠にはめている自分を

超えた〜い!

 

 

「うぉ〜!」っと叫びたい感じᕦ(ò_óˇ)ᕤ

f:id:tomotin3103:20170801132924j:image

 

自分の表現したい事が

自分の枠を超えて現実化できた時、

それは既に成功したと言える。

 

報酬という成果が現れた時ではなくて

誰かに感謝された時でもない。

 

成功とは、

自分の枠を越えた表現ができた時だと思う。

 

それだけ

意識(思考)したことを実際に自分の枠を越えた

表現(現実化)をすることはハードルが高い。

 

何かを表現したい、と考えた時

すぐにこんなことを思う。

「何ができるだろう?あの偉人のように

大それた事はできない。」

自分以外の誰かに焦点を合てたり、自分の枠の

範囲内で表現しようとしている発想。

 

「上手くいかないかも知れない。」

こんな思考も自分の枠の範囲内の発想だと思う。

 

「上手くいくって、 期待通りの事が起きたり

期待通りの物が自分の元にやってくること?」

 

自分に問いかけると、

期待している何かは自分の枠内にあることと気付く。

想像も出来なかったことが自分へ喜びをもたらした、

なんてこともあるでしょ?

上手く行かないことが誰かの役に立つことだって

あるかも知れないよ?

 

自分の枠とは、

自分の思い込みだと気付く。

 

 

もし枠を超えたいなら、

思い込みを手放したいなら、

何も期待せず表現すること。

ただ無心で表現する。

「無」=「全て」だから。

 

f:id:tomotin3103:20170802101657j:image

 

無心で表現することは、

その表現に全てを込めること。

表現に魂の息吹を吹き込むことでもある。

 

表現とは、とてもシンプルなこと。

 

自分の枠を超えるには、

その表現をするぞ!と意識して、

覚悟を持って

自分を信じて

その一歩を踏み出すだけ。

 

今、目一杯の表現をするだけだ^ - ^

 

 

 

本当の自分が分からない、見つけたいし知りたい

以前は今の自分は本当の自分ではないと思っていた。

 

f:id:tomotin3103:20170730205149j:image

 

本当の私は

もっと愛に溢れていて、

もっと誰にでも優しくて、

もっと仕事ができるし、

もっと人に好かれていて、

もっと人の気持ちが手に取るように理解できて、

もっと良い母親で妻で子供で、

もっと完璧な人間のはずだ。

もっと

もっともっと…

 

私はどんな自分にも満足出来なかった。

たとえ誰かに褒められても満足出来なかった。

 

 

他人に自分がどう映っているかが気になっていて、

容易く他人に自分の弱いところを見られたくなくて、

常に気を張って緊張していた。

その事にものすごくエネルギーを使っていた。

だから疲れていた。

 

もちろんそんな過去が悪いとは思わない、

そうなる事が必要だったからだし。

 

本当の自分を求めて求めて求めて

そんな自分を味わって味わって味わった結果

本当の意味で本当の自分に気付くと驚きです、

そこには等身大の自分がいるのです。

 

「こんな私は本当の自分じゃない」

と、切り捨てて置いてきた自分に出会うのです。

 

性格もそのまんまで

好き嫌いだって変わらない。

腹をたてる事だってもちろんあるし

愛を身体中に感じたり

イラつく事もある。

 

そうなんです、

結局 本当の自分は今の自分です。

そのままの自分。

 

f:id:tomotin3103:20170730211916j:image

 

私にとっての

自分探しの旅、探求の旅とは

自分ではない誰かになろうとする旅。

 

その旅は

探していたのは他の誰でもない自分自身だった、と気付いて幕を閉じる。

そもそも ここに居る自分を探しているので

本当は旅すらしていなかった。

一歩もここを動いていなかった。

 

そんなことに気付く旅。

 

その気付きは

とても大きいもの。

気付いた後、

そこから新しい自由な人生が始まるから。

 

等身大の自分を認められる。

好きなことを罪悪感なくできる。

私は誰かにならなくても

私は、私のままでいい。

 

 

 

私たちの表現したことは自分に返って来る

f:id:tomotin3103:20170730100653j:image

 

つい最近 退職した職場に

とても苦手な人がいた。

 

その人は、人を欺くことが多い人だった。

 

「信じられない!何を考えているの?」

何年もそのことが許せなくて、

職場の人に愚痴ったり

家族や友達に愚痴ったり…

長い間嫌で嫌で仕方なかった( *`ω´)

 

「どうして こんなことが出来るんだろう?」

と日によっては腹が立つというより

不思議に思うこともあった。

 

でも、

少し前にようやく気付いたことがある。

 

私は、私を欺いていた

ということ。

誰かのことをとやかく言える立場では無かった。

 

どう欺いていたかを一言で言うと

自分の感情を押し殺していた。

 

不安、劣等感、嫌悪感、苦しみ…

挙げたらキリがないほどの

自分の中でマイナスとカテゴライズした

たくさんの感情を押し殺していた。

 

ある出来事に違和感を感じても

そこを感じないように、多数に合わせる。

無理矢理ポジティブシンキング笑

あたかも初めから多数と同じ意見だったよ〜

みたいな言動も。

 

このままじゃいけないな、と思ったこともある。

でもその時はどうしたらいいのか分からなかった。

今は分かる。

 

ただ、感情を感じるだけでいい。

その都度その都度

沸いてくる反応のような感情を感じるだけでいい。

感じて味わい尽くせば

意識が変わるから。

 

いつ変わるかは分からないよ。

変わったと思ってもまた戻るときもあるかも知れない。

その時はまた味わえばいい、シンプルに。

 

自分を欺くと、結局そのことは自分に返ってくる。
私が元の職場の人から受けた欺きは
私が私にしていた欺きが返ってきていただけだった。

 

私たちの表現したことは、自分に返ってくるのです。

 

良いことだけ、悪いことだけではなくて

どんなことも

ただそのように起こるということ。

 

逆に考えてみる。

返ってきて欲しいものを表現することも出来る。

豊かさが欲しければ自分なりの豊かさを表現すればいいし、

安心が欲しければ自分なりの安心を表現すればいい。

 

このブログも今の私なりの表現です^ - ^

 

 

 

 

誰でも持っているたった1つの宝物

今日、朝から

頭をぐるぐるぐるぐるしていること、

今日のタイトル。

 

f:id:tomotin3103:20170728161618j:image

 

それは自分だけの

特別で、

大切で、

大好きで、

根拠はなくても信頼できて、

自分はどんどん変わっていっても

それだけはこれからも変わらず愛し続けられる

とても価値があるもの。

 

そこに気付く時、

ようやく自分の宝物が見つかった、と思う。

 

宝物は、

誰にでもある。

ただ、自分では見つけにくい(T . T)

自分より周りの人の方が気付きやすいかも。

 

でも、誰かに教えてもらってもピンとこないし気付けない。

自分で見つけるまでは本当に分からない。

 

どうしてだろう。

それは自分にとって

あまりにも当たり前なことだからかな。

とても身近すぎて特別感がないからね。

それくらい自分の近くにあること。

 

波平さんが時々探すおでこにあるメガネのように笑

(例えが古いかな?)

 

友達に一度は、いや何度も言われたかも知れないこと。

その時に「ふ〜ん」と受け流したことだったり

「いやいや私なんて!」と気が引けちゃったことだったり

 

ひょっとして

「そんなの嫌だ」とイラつくことだったりするかも( *`ω´)

 

宝物と気付くまでは、

いらないものと思っているかも知れないし

恥ずかしいものと思っているかも知れないし

これまでに嫌々向き合ってきたことかも知れない。

 

でも、

その宝物をこの世界で表現していくことになる。

いや、もうずっとそれを表現している。

ただ私たちが気付けていないだけ。

 

じゃあそれを どうやって表現している?

それは自分の好きな得意な表現方法かも知れないけど、

自分の苦手な表現方法だったりするかも。

ずっと苦手だと思っていたことや避けたいけど避けられなかったことだったりするかも。

 

でもね、

やっぱり

その宝物をこの世界で表現していく。

 

きっと宝物を表現することは、

私たちがこの世界で生きているたった1つの理由だから。