大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ夢の中の人生を歩んでいる

マッサージチェアがやってきた法則②

 

昨日のブログで

マッサージチェア

欲しいと思ってから我が家にやってくるまでの

経緯を記した。

普通に見るとなんて事のないただの経緯。

 

だけど

今の私には

欲しいと思ってから我が家にやってくるまでの

軌跡が見える(実際に見えるんじゃなくて感じる?)

意識(思考)したことが創造、表現(現実化)

したように思える。

 

f:id:tomotin3103:20170806205622j:image

 

それは、

マッサージチェア

我が家に届いた日のこと。

 

早速座ってみると

「我が家に愛がやって来たんだな〜」と

じわ〜っと満たされた。

 

その瞬間

この世界のことがまたほんの少し理解できたような

気がした。

やはりこの世界は全てのものが愛で出来ていて

その「愛」に気付くために様々なことが起きている。

 

そう、

起こることは全て

「愛に気付くため」なんだ。

 

私はマッサージチェアという愛に気付いたんだ。

 

そして、

今回マッサージチェア

私の願った通りにスムーズにやってきたのは

その動機が愛だったから。

 

望み(意識・思考)の動機が愛の場合

愛はそのまま望みどおり表現される。

私たちは満たされる。

満たされる感覚=愛に気付く。

 

望みの動機が愛以外の場合

愛以外がそのまま表現される。

私たちは満たされない。

それはこの世界が

動機が愛じゃないよ、と教えてくれている。

満たされない事で愛とは何か、に気付くんだ。

 

f:id:tomotin3103:20170806205944j:image

 

今回、私の望みの動機は旦那への愛だった。

詳しくは割愛するが

欲しいと思ったそのときも

今振り返ってみても、やっぱり愛。

 

望みの動機が愛か愛以外か、の違いはとっても単純。

理由があるかないか、ということ。

 

愛の場合、理由がない。

 

愛以外の場合は、何らかの理由がある。

というか言い訳をする。

さも正当な理由だよ!と言わんばかりに私たちを

説得しようと言い訳をする。

 

 

愛は、愛であることに理由なんてない^ - ^