大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ夢の中の人生を歩んでいる

マッサージチェアがやってきた法則③

 

昨日までのブログで

我が家にマッサージチェアがやってくるまでの経緯を

振り返ってみた。

 

望み(意識)の動機が愛の場合

ほぼ その望みの通りにものごとが起こる。

愛以外の場合

愛以外がそのまま起こる。

 

どちらも愛に気付くために起きている。

 

そして その過程で

もう1つ必要なことがあると思った。

 

それは、

私の望みはこれです!と

表現すること。

 

f:id:tomotin3103:20170807140912j:plain

 

今回のマッサージチェアに関しては

旦那とそのことを話したからだと思う。

 

色々と話して、最終的に

マッサージチェアがあると一番いいねって、

こんなマッサージチェアが欲しいよねって、

2人で話した。

 

 

言葉には

言霊といって霊力が宿るという。

きっとその霊力には望みを固定化させる

力もあるんじゃないかと思う。

 

ネガティブなことが起こって欲しくなければ、

言葉は選んだほうがいいって言うのは

確かかも。

意識したことを忘れてしまっていても

言葉にしたとたんに意識を固定化してしまうから。

 

言葉は実際に声に出さないとダメなのかな。

こういったブログのように言葉を記すことでもいいのかな。

 

そうだ

前にこんなブログを書いていた。

 

 

 

 

今回のことはこのことと似ている。

う~ん、きっと

言葉を記したり行動を起こすことでも

いいんじゃないかな、と今は思う。

 

 

さてと、ここで

今回のマッサージチェアのことを整理してみる。

 

私がマッサージチェアが欲しいと望む。

その動機は愛だ。

 ↓

そして

望んだときには

マッサージチェアは既にそこにあった。
(現にお店には9ヶ月前から置いてあったそう)

 ↓

こんなマッサージチェアが欲しいねって旦那と話すことで声に出した。

 ↓

すると

マッサージチェアが我が家へやってくるまでの道が出来る。

 ↓

道ができれば後は自動的。

 ↓

見つける→触ってみる、使ってみる→気に入る→

望む金額になる→買う→我が家へ

 

f:id:tomotin3103:20170807135551j:image

よく来たね!乾杯(*^_^*) 

 

今の私にとっては

これが引き寄せの法則

 

 

今度は今の私の望みをここで言葉にしてみよう^ - ^