大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ夢の中の人生を歩んでいる

アロマ瞑想の深さの秘密

f:id:tomotin3103:20170816113226j:image

 

昨日久しぶりにした

アロマ瞑想のブームが私に起きている笑笑

 

今朝も早速やりました(*´∇`*)

 

アロマの香りを嗅ぐとき、

お部屋に香らせるのもそうだし

アロマトリートメントを受けるのも、

私たちは何かを求めている。

 

つまり、意識している。「動」。

 

リラックスしたいな〜、とか

元気になりたいな〜、とか。

こうなりたい!と意識している。

 

昨日、私がアロマ瞑想をした時

何となくやってみようと思ったけど、

やっぱり意識していた(;ω;)

 

ここのところ仕事のことを考えていて、

少しモヤモヤを感じていた。

仕事という表現の着地点は決まっているけど

どのようにデザインをしよう、と

考えていた。

 

そして今、

昨日湧いてきたイメージに色付けをしている。

 

アロマは無意識の声に気付くのに適した

ツールでもあるなって思う。

 

コツは幾つかあるから

何度かやってみてそれらを掴めば

奥底の本当の自分を知ることも、

思考の現実化にも とても頼もしいものだと思う。

 

f:id:tomotin3103:20170816125327j:image

 

アロマを瞑想に加えることで

瞑想自体がグッと深くなる。

 

アロマの「動」と瞑想の「静」が合わさるから。

 

目を瞑るだけの瞑想は「静」。

無意識の中に身を投げて

そして身を任せる。

 

それも悪くない。

 

「静」に「動」という意識が加わると

瞑想に奥行きが出る。

長方形が直方体になる感じ。

変な例え笑笑

 

あっ、料理にもそんなことあるね。

辛さと甘さの両方の調味料を加えることで

味に奥行きが出る。

その味に私たちは深さを感じる。

それに似ている。

 

静と動、陰と陽

相反するもの、矛盾するものを

合わせることで、物事は深くなる。

 

あっ、私たち人間と一緒(*゚▽゚*)

人間は矛盾している生き物だと思う。

裏腹だったり理不尽だったり。

 

深い生き物なんだね、私たち^ - ^

 

 

そして

意識を表現するには、

思考を現実化するには、

深さが必要なんだ。