大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ夢の中の人生を歩んでいる

きっと涙も愛なんだ、微笑みもそう愛なんだ♬

 

(今日のタイトルはV6の大好きな歌

   『愛なんだ』よりお借りしましたm(_ _)m)

 

今日ふと約1年前のことを思い出した。

 

約1年前、

映画を観に行くために車を走らせている途中、

突然気付きがやってきたというか

思い出したような感覚がした。

 

『あっ、そっか。

   あの時の体験って、私(人間)は愛そのもの

   だということ。ただそれだけだ。』

 

f:id:tomotin3103:20170830164228j:image

 

あの時の体験とは

今から約9年ほど前、私に起きたこと。

 

今は辞めた職場でいつもの通りに

仕事をしている時だった。

 

急に胸がジワっとお湯が注がれたように

温かくなって、そのお湯のようなものが段々

身体中に拡がった。

 

そのお湯のような温かさは

とっても心地よくて、幸せで満たされる気持ちで

いっぱいになった。

身体に拡がるにつれて、そこにいる全ての人が

大好き〜!って気持ちになっていた。

 

でも私の思考は

「えぇっ?何これ〜?

   一体私に何が起きたの?それとも私の頭が

   おかしくなったの?どうしよう?!」

 

と超焦っていた。

そんな思考の心配をよそにすぐに身体は

段々と元に戻っていった。

 

元に戻ってホッとする一方、

またあの気持ち良さを味わってみたい、

という気持ちもあって

それから、スピリチュアルというものに

興味を持ち始めた。

 

いわゆる『視える』人のところへ行って

あの時、私に何が起きたのか聞いたりした。

 

何人かの人に

『それは、愛です』と言われたけど

ふ〜ん、そうなのかって思ったくらいだった。

 

勝手な自分の解釈で

愛というエネルギーが何らかの拍子に

私の胸に流れ込んできたんだ、と思い込んでいた。

あくまで『私』と『愛のエネルギー』は別物。

そう思い込んでいた。

 

あの時の体験に魅せられた私だったけど

その後、再び体験することもなかったので

忘れはしないけど月日は過ぎて行った。

 

それが1年前の車の運転中に

突然思い出すように

あの時の理解がやってきた。

 

f:id:tomotin3103:20170830170245j:image

 

私たち人間は、

ただ満たされていて

ただ幸せで

ただ愛することしか出来ない

愛そのものだ。

 

そんな

愛することしか出来ない愛そのものである私たちが

今 目に映るこの世界を創り上げている。

 

悲しいことも

苦しいことも

心の傷も

裏を返せば全てが愛。

 

裏を返せば、とは

視点を変えれば、ということ。

 

自分の見ている視点は自分にとっての真実。

真実はいつも1つ、ってコナン君は言うね。

そうだね、自分にとって真実は1つかも知れない。

 

でも人の数だけ真実があって

その人の真実も間違ってはいない。

 

あの人の言うことと

自分の言うことが違っていても

どちらかが間違っている訳ではない。

 

正しいとか正しくないとか

正義とか悪だとか

天使とか悪魔とか

 

そんな風に決めてるのは

だ〜れだ?(´⊙ω⊙`)