大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ夢の中の人生を歩んでいる

マインドだとしたら?

 

ふと

探求が終わったときのことを思い出した。

 

f:id:tomotin3103:20171013150024j:image

 

目覚めと言われることが起きた数ヶ月後に

それは起こったんだけど、

その時に『それは完璧な旅路だったけれど

探求の旅路なんて初めから無かった』

とも気付いた。

 

私は長い完璧な旅路を辿ったけれども

その長い旅路なんてものは無かった。

スタート地点に立っていたままだった。

 

そのことの理解が昨日起きたように思える。

探求の旅路で何かを得たように思い込んでいる

自分に気付いたから。

 

いやいや、

旅路の前と後の私は何ら変わりのないまんま。

 

一生懸命に瞑想したりアロマを使ったり

なんだかんだと、あれをしたりこれをしたり

だったけど結局私は私のまんまでしか

なかったということ。

 

これまでと同じように日々色んなマインドや

感情が湧き上がってくること、

それらに気付いたり味わうことで人生が

変わっていくこと、

その全ては実は個人の意思ではなく完璧に

為されていること、

完璧な物語は気付いた後も続くこと…。

もちろんこのブログも完璧な物語。

それを承知で続きを書きます^_^;

 

全部「ともちん」が産まれてからも今も何にも

変わっていない。

マインドをどうにかする必要も

感情をどうにかする必要もないし

善い悪いと傾いても構わない。

 

私の物語では、探求という旅路で瞑想や

アロマの所へ行ったけど、結局どこかへ行く

必要は必ずしも無いんだと思う。

どこかへ行かない物語の人もいるんだろう

なぁって。

 

だって私の旅路が終わった時、

私はスタート地点に立っていたから。

 

f:id:tomotin3103:20171013150121j:image

 

『個別の独立した1人の人間で人生を

コントロールしている』自分がいるってことは

マインドが教えてくれている事だけど、

マインドは日々変わるもの。

私はブログを書いてみて分かった。

マインドは、本当に日々変わって行く。

同じマインドが何度も出てくる時もある。

 

何度も掴む同じマインドは

これは変わらない大切な真実だよって

自分に強く実感させる。

 

今、大切な真実だと思っているものが、

『個別の独立した1人の人間で人生を

コントロールしている』自分が

存在する体(てい)のマインドだとしたら?