大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ夢の中の人生を歩んでいる

悟った人は いるし、いない

 

昼間はなんとか晴れたお陰で

たくさんの洗濯物が乾いた〜^ - ^

洗濯物がたまっていたから

助かったぁ(*^_^*)

 

f:id:tomotin3103:20171018112201j:image

 

人は、

自分のフィルターを通して世界を見ている。

このフィルターは

マインドとも言えるし思い込みとも言えるし

意識とも言える。

 

それぞれの人が、それぞれの人のフィルター

越しの世界が真実だと思っている。

皆んなそう。

それがその人のキャラクターでもあるし

役割でもある。

 

側からみて いわゆる悟ったとされる人も、

その人の真実のフィルターを通して

この世界を見ている。

例えばそれが『悟っている人はいない』という

フィルターだったとする。

 

一方で悟ったとされる人を見ている人も、

その人の真実のフィルターを通して

その人を見ている。

こちらの人は『悟っている人はいる』という

フィルターで見ている。

 

見え方は違っても

どちらもその人にとっての真実のフィルターで

あることには変わりない。

 

だから私は

悟った人は いるし、いない。と思う。

 

f:id:tomotin3103:20171018140441j:image

 

幽霊を信じる信じないも

UFOを信じる信じないも

占いを信じる信じないも

ただのフィルター違いなだけだと思う。

 

同じ事実を経験していても

フィルターが違えば世界の見方はそれぞれ。

 

他の人と自分のフィルターが違うのは

仕方ないのだ。

しかも そのフィルターは支給制(@_@)

いつ何処で誰にどのフィルターが

支給されるかは分からないし、

決められないのだ。

 

明日どんなフィルターで自分が世界を見ることに

なるのか誰も分からない。

誰もがそうなんだ。

 

だから

自分の真実のフィルターを誰かに理解して

もらえなくても仕方ない。

 

誰かのフィルターから どんな風に自分の表現が

見えていても仕方ない。

気になってしまうものだけどね。 

 

自分の表現を誰がどんなフィルターで

見ていても、それは間違っていない。

 

 

以上

私のフィルターの話でした(*´∇`*)