大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ夢の中の人生を歩んでいる

無意味感を乗り越えて

 

ふと思い出した少し前のこと。

 

数ヶ月前に探求の終わりを感じてから、

つい最近その理解がやってくるまでの間

何度も味わった感覚が『無意味感』。

 

探求の終わりは、

私が私の人生をコントロールしているという

大切に大切に握りしめていたものが

突然自分から奪われてしまったような

一種の喪失の体験でもあった。

 

私に出来ることは何もない。

と、何度も浮かんでくるマインドは時には

無意味感のような無価値感のような

やるせない感覚を伴っていた。

 

今思えば

その時は自分自身や人生に意味や価値を

求めていたんだろうなって感じる。

役に立っている人でいたかったし、

職場ではそんな仕事をしていたかった。

 

私にとって最後の最後まで

重要なことだったんだ。

 

探求の終わった体験の理解がやってくるまでの間

再びコントロールを手にしたような時も

あったりした。

私は創造していくんだ!って。

 

全体の視点では、私が創造していることに

間違いはないけど今では視点が違う気がする。

 

私が創造している→私の創造が為されている

 

f:id:tomotin3103:20171026094537j:image

 

『創造している』って思っていた時は

どこか片隅に焦燥感みたいなものがあった。

だから一度はやめた瞑想やアロマをまた

やり始めたんだと思う。

居心地の悪さに耐えられなかったみたい。

 

焦燥感は、『創造している』っていう私の

マインドに くっ付いてくる感情なんだろうな。

 

『創造が為されている』って思っている今でも

色んな感情は出てきて、その都度どっぷりと

味わっているけど基本落ち着いている。

 

正確には

感情は全身で味わうような感じなので

飲み込まれるように落ちていくけど、

味わい尽くした後は驚くほど もう忘れている。

 

さっきまで何を味わっていたかを

言葉としてマインドは出てくるけど

その時の感覚をはっきりとは思い出せなく

なってる。

 

これが

今という瞬間を生きることかなって思う。

その都度その都度経験する、味わう、

というような感じ。

  

これは、気付いていなくても皆んながそう。

全ての人が生まれてからずっとそう。

経験や感情がやって来ても、無くなれば

それでお終い。

 

何度もやってくるものは、

ただ何度もやってきているだけ。

その都度 経験して味わっているだけ。

 

f:id:tomotin3103:20171026095412j:image

 

本当は皆んな

この瞬間を生きている^ - ^