大丈夫、誰も間違っていない^ - ^

みんな それぞれ夢の中の人生を歩んでいる

気付くこと=目覚めること

 

ここは全体が見ている夢の世界だった。

本来 夢の住民である私たち全ては

全体であるけど、それは夢から覚めないと

夢と気付かない、というか気付けない。

 

そして、夢から覚めたものは

その名の通り目覚めるので、

今この瞬間以外は全体へと消えていく。

 

目覚めたものは、今この瞬間以外

夢の世界から消えていく。

 

そんな事を分かっていても

一度 夢から覚めても

何度も何度も夢に舞い戻る私がいる。

 

私は正に夢と現実を行ったり来たりしている。

 

いつか行ったり来たりしなくなる日が

来るのかな?

どうだろう?この先どんな夢が続くのかは

分からないから結局分からないな^_^;

 

f:id:tomotin3103:20171118100750j:image

 

今日からこのブログは、というか

今までもそうだったんだけど

記事は夢の中のものです。

 

内容は思考やマインド、ともちんの過去

という全てが夢です。

よって真実ではありません。

プロフィールもそのように変えたけど、

読まれた方、くれぐれも信用なさらないで

下さいねm(_ _)m

 

どうして真実ではないかと言うと

ここに書き記した瞬間、それは全体にとって

夢であることに気付いた瞬間にもなります。

あなたにとっても、

そうか!と何かに気付いた瞬間が

それが全体が夢であることに気付いた、

目覚めた瞬間になります。

 

それが全体が目覚める瞬間なのです。

 

夢から目覚めると、今この瞬間以外は

夢の中には存在しなく

なります。

 

普段 私たちが夢から覚めると、

夢は全て消えてなくなるのと全く同じ。

この夢の世界では

夢と気付いた瞬間に全体へと消えていって

しまうのです。

 

だから この夢の世界にある全ての教えは

空っぽ(ない)と言われたりするのです。

そこに全体が気付いていることであるから

その教え、教えに限らず気付くことは

夢から目覚めていること、

だから全体へと消えていることなのです。

 

今日のこの記事も

目覚めて全体へと消えて行きました( ̄▽ ̄)

 

だからね、

信用しないで下さいね^ - ^

 

と締めてみる。